治験パークとは

このサイトについて

このサイトは、実際の体験者による口コミ・体験談などをまとめた総合情報サイトです。

みなさまがお持ちする治験に関するイメージとはどんな感じでしょうか。
「あやしい」、「危険」など負のイメージを持たれていると思われます。
しかし、誰かが行わなければジェネリック薬などのお薬が世の中に生まれません。
また、「治験バイト」とも呼ばれるように、高額の謝礼がいただけます。※厳密にはボランティアかもしれません。

「あやしい薬を飲んで、楽してお金をもらう」のでなく、『社会貢献をしつつ、ささやかな(高額な)謝礼をいただく』と考えていただきたいと思い、当サイトを立ち上げました。

治験パークでは、治験に関する負のイメージを払拭していただくため、実際の体験者による口コミ・体験談を豊富にあつめました。
治験パークを閲覧していただくことにより、みなさまにとって、治験が身近なものになっていただけると幸いです。

良いところ

まず第一に挙げられる良いところは、高額な謝礼をもらえるところです。この謝礼は、薬を飲むリスクに対するものでなく、参加者の時間を拘束することに対するものだと考えています。

例えば、2泊3日の入院を2回に分けて行う治験だとします。この場合、48時間×2回=96時間ほど病院に拘束されます。96時間に、一般的な時給1100円を掛けて、大体10万円強の謝礼がもらえます。

さらに、入院中はほとんど何もしません。
本や漫画を読んでいても大丈夫です。そのため、難関資格の勉強をされている方もチラホラ見かけられます。

健康診断も、無料もしくは謝礼付きで受けられます。職場の健康診断の場合は、最低限の項目しか検査の対象にならない場合もあります。より入念な健康診断を受診することができることも、良いところの一つであると思います。

大変なところ

採血が大変です。入院する場合、1日に数回採血をします。
痛いです。
注射が苦手な方は、まず止めるべきでしょう。
逆に、献血が大好きな方にとっては、まさに天職でしょう。